オンラインに対応したセミナー「ウェビナー」のメリットとデメリット

オンラインに対応したセミナー「ウェビナー」のメリットとデメリット

新型コロナウイルスの影響もあり、あらゆる仕事やイベントがオンラインに移行しています。企業が開催しているさまざまなセミナーも例外ではなく、オンラインセミナーの需要は急速に高まっています。今回の記事では、オンラインセミナーのメリットやデメリットを中心に詳しく解説します。

オンラインセミナーとは

オンラインに対応したセミナーは「ウェビナー」とも呼ばれており、これは「Web」と「セミナー」を掛け合わせた言葉です。

商品説明会や会社説明会、さまざまな勉強会などもウェビナーに移行するケースが増えており、DX(デジタルトランスフォーメーション)の身近な事例として注目されています。新型コロナウイルスの影響もあり多くの企業がテレワークへ移行したほか、さまざまなイベントや勉強会、セミナーについてもオンラインでの開催が主流になりつつあります。

事前に録画した映像を流すオンラインセミナーもあれば、講師がリアルタイムで説明やプレゼンを行う形式のものもあります。必要に応じて参加者とPDFファイルやExcel、Wordなどの資料を共有したり、ホワイトボードやテキストボックスなどを使って補足の説明をしたりすることもできるほか、参加者にその場でアンケートをとることも可能。オンライン環境と聞くと不自由な面があるのではないかと不安に感じる方もいるかもしれませんが、従来のセミナーと同じ感覚で開催できるようになっているのです。

これまでウェビナーを開催するのは一部の企業にとどまっていましたが、今後は業種や会社規模を問わずさらに需要が高まっていくと考えられます。

ウェビナーのメリットとデメリット

徐々に拡大しつつあるウェビナーですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。また、従来のセミナーと比較した場合のデメリットはないのでしょうか。それぞれのポイントについてまとめてみました。

メリット

  • 低コストで開催できる

ウェビナーは参加者を収容する必要がないため、大きな会場を貸し切る必要がありません。会場の設営や入場者の案内人員なども不要なため、最小限の人件費で開催できます。

  • リードタイムの短さ

大きな会場を貸し切る必要がないということは、会場の準備や大勢のスタッフを手配する手間も不要なためすぐに始められます。

  • 柔軟性

ウェビナーは物理的な距離の制約を受けないため、どこにいても手軽に参加できるほか、講師もオンラインで対応可能です。

  • 多くのデータ収集が可能

ウェビナーは通常のセミナーよりも多くの申し込みが得やすいため、参加者のアンケートや情報などを簡単に収集できます。例えば、事前に当日知りたい情報を聞いておくことや、セミナーの後の満足度を調査するのもオンラインで比較的容易に収集することができます。

  • スケーラビリティ

物理的な制約がないため、参加者が急に増えても対応することが可能です。オフライン開催のように会場のキャパシティを気にする必要がありません。

デメリット

  • 差別化が求められる

気軽にセミナーに参加できるため、他のセミナーと比較されやすくなります。より一層高いクオリティのコンテンツが求められ、独自性のあるコンテンツが不可欠となります。

  • 実物に触れられない

商品説明のようなプレゼンにおいては、参加者が実物を見たり触ったりすることができないため、ウェビナーだけでは十分な魅力が伝わらない可能性もあります。

 

このように、ウェビナーは気軽に開催できるなどのメリットも多いですが、その一方で肝心のコンテンツの質が悪いと他社と比較されやすく、企業としてのイメージを損なう可能性もあるのです。

ウェビナーにおけるコンテンツの質を向上させるために

質の高いコンテンツを提供しウェビナー参加者の満足度を向上させるためには、コンテンツを制作する際に注意すべきポイントがあります。まず、一口にウェビナーといっても、大きく分けて「ブロードキャスト(片方向)」と「双方向配信」という2つの方式があることを覚えておきましょう。

ブロードキャストは「YouTube」や「ニコニコ動画」「SHOWROOM」などをイメージすると分かりやすいです。1対多数の講演のような形態にブロードキャストは向いており、登壇者と視聴者を明確に分けたい場合や、セミナー動画を事前に録画して配信する場合にも最適な方法といえます。

ちなみに、ブロードキャストでは投影する資料の見せ方も重要です。登壇者の姿と投影資料が同じ画面に配置されるようなレイアウトや、CGスタジオから配信する方法もあり、見せ方ひとつで参加者の理解度や満足度は大きく変わってきます。

ブロードキャストと対極にあるのが、双方向配信です。これは「Skype」や「ハングアウト」「Zoom」などをイメージすると分かりやすいでしょう。1対多数ではなく、参加者同士がコミュニケーションをしながら進行していく形態に向いています。あくまでも対等な関係で議論したり相談したり、アイデアを持ち寄って相談するような場合に最適です。

ちなみに、YouTubeやニコニコ動画などでもチャット機能でコミュニケーションをすることはできますが、限られたテキスト量で正確に表現することは想像以上に難しく、誤解も生じやすくなります。

当然のことながら、双方向配信はあくまでもライブ配信が前提となります。資料を投影してスライドショーのような形で紹介する際に有効な方法であり、高度な動画編集の知識も不要。営業担当者が顧客に対してプレゼンするような場面でも活躍します。

ウェビナーの開催において注意が必要なセキュリティ

オンラインで誰もが参加できるウェビナーは、その手軽さゆえに競合他社に情報やノウハウが流出する可能性もあります。例えばYouTubeでは「限定公開」の機能があるものの、URLさえコピーしてしまえば、招待されていない第三者であってもアクセスが可能になってしまいます。

このような事態を避けるために、対象者以外のアクセスを禁止するアクセス制限を設けることも検討しておきましょう。ただし、アクセス制限は一部の配信システム上でしか対応できず、YouTubeのようなプラットフォームでは実質的に限定公開以外の対処方法はありません。

セキュリティを重視してクローズドな環境でウェビナーを開催する場合には、ウェビナー用のツール選定に注意しなければなりません。例えばビデオ会議システムの「Zoom」の場合、有料プランを契約すれば最大1,000人との接続が可能です。

2020年春にはZoomのセキュリティが問題視されたことがありましたが、2020年8月現在はセキュリティ対策も行われ改善に向かっています。新型コロナウイルスの影響で初めてZoomを使い始めたというユーザーも多く、ウェビナーにおいてももっとも知名度の高いツールといえるでしょう。

ちなみに、ウェビナーで使用するツールを選ぶ際には、接続可能人数はもちろんですがアカウント登録の有無も確認しておく必要があります。主催者側はアカウントを保有しておく必要がありますが、ウェビナーを聴講する参加者までアカウント登録が必要となると、セキュリティリスクへの懸念や登録作業の煩わしさから参加率が低くなることもあるためです。

デメリットや課題を克服しウェビナーを成功させるために

急速に需要が高まっているウェビナーには多くのメリットがある一方で、セキュリティ上の懸念があることも事実です。また、肝心のセミナーのコンテンツについても、手軽に参加できるからこそ高いクオリティを担保しなければ参加者の心を掴むことはできません。これからウェビナーの実施を検討している方は、ぜひ今回紹介した内容を参考にしていただき、成功につなげてください。

関連記事