テレワーク対応で業務増の「情シス」をサポート!『おうちde情シス』提供開始

RPA導入支援・ITソリューション・データサイエンス・人材サービスのクロスファンクションによるDX事業を展開するワークスアイディ株式会社(代表取締役社長:池邉竜一、本社:東京都渋谷区、以下ワークスアイディ)は、コロナ禍におけるテレワーク実施でパソコンキッティング、アカウント管理や資産管理、インシデント対応など負荷の大任を果たしている情報システム部門の月額定額従量制シェアードサービス『おうちde情シス』を2020年7月21日より提供開始いたします。

現在、新型コロナウイルス対策として、テレワークで業務を行う企業が増えています。オフィスへの出社時と変わらない業務クオリティを保つために、様々なサービスを組み合わせながら快適なテレワークの環境を整えている企業も多く、「Withコロナ」期だけではなく、「アフターコロナ」期においても、テレワークは働き方の一つの選択肢として定着していくことが予想されます。

コロナ禍の一時的な対応のみならずアフターコロナにおいてもテレワークの体制を維持するのであれば、情報セキュリティや勤怠管理など取り組まなければならない課題があります。その中でも、テレワーク環境を整えるための「根幹」となるパソコンやアカウントの管理、社内ヘルプデスク、インシデント管理などを行う情報システム部門への負荷が大きくなっています。
また、テレワークを行っている従業員もオフィスとは異なる環境での業務遂行に対し、一切の不安がないとは言い切れません。

このような課題を解決するため、ワークスアイディは、情報システム部門の月額定額従量制シェアードサービス『おうちde情シス』を提供開始いたします。

【サービス概要】

今後もワークスアイディは、DX支援の豊富なノウハウをもとにしたコンサルティングの実施、保守・運用サポート、セキュリティ対策まで、顧客のニーズに合わせた幅広いサービスをワンストップで提供してまいります。

★「おうちde情シス」の詳細はこちら

<ワークスアイディ株式会社>https://www.worksid.co.jp/
DX事業、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation[RPA])導入支援事業ならびに、データサイエンス、人材派遣・技術者派遣、BPO・アウトソーシング、さらにRPAの諸スキルを持ちえたヒューマンリソースとAI・ロボットを組み合わせたハイブリッド派遣など、企業ニーズに合わせた幅広いサービスを事業展開する。2015年4月に第1期“優良派遣事業者”に認定される。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
ワークスアイディ株式会社
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
広報担当 メール:press@worksid.co.jp

関連記事