RPA導入企業が増えている理由とは?おすすめRPAの一例もご紹介

業務効率化は多くの企業にとって重要な課題となっていますが、その中で有効な対策になるのではないか、と注目を集めているのがRPAとよばれるツールです。RPAという言葉は耳にしたことがあっても、具体的にどのような業務に向いているものなのか、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。また、なぜ多くの企業がRPAに注目しているのかが分からないという方も多いことでしょう。そこで今回は、RPAを導入している企業が増加している理由をご紹介するとともに、実際に提供されている代表的なRPAの特徴についても合わせて解説していきます。

RPAとは?

RPAとは「Robotic Process Automation」の略称で、パソコン内で動くソフトウェア型ロボットのことを指します。RPAはさまざまな業務に活用でき、運用するうえで専門的なプログラミング知識も不要なため、実務を担当する部署や担当者だけでも運用が可能です。

例えばデータのバックアップ作業を自動化しようと考えた場合、これまではバックアップ実行用のプログラムを開発し、サーバーやコンピュータにソフトウェアをインストールしなければなりませんでした。しかし、RPAは人間が行う作業をロボットに覚えさせ、それと同様の作業を繰り返すという仕組みです。

また、RPAは複数の異なるアプリケーションであっても横断的に操作が可能で、PC内で完結する定型的な操作を必要とする業務であればほとんど対応できます。

RPAを導入する企業が増えている理由

RPAを導入する企業は続々と増えていますが、その背景には働き方改革を実現できる職場環境作りがあります。長時間労働の削減に向けて取り組みを続けている企業は多く、限られた人員と時間内でこれまで以上の業績を上げるには業務改善や業務効率化が必要不可欠です。

これまでのホワイトカラーの業務といえば、机上で完結する定型的な業務も少なくありませんでした。しかし、RPAによってこれらのルーチンワークはコンピュータに代替されようとしています。ホワイトカラーとして働いてきた人間は、これまでの単調な作業から解放され、よりクリエイティビティで生産性の高い業務に従事し、人間らしい働き方を追求することが求められる時代になります。

働き方改革といえば、単に残業時間を抑制し、働きすぎないことを目標に掲げる企業が多いですが、真の働き方改革とは業務効率化によって生産性の高い仕事を行うことといえます。そのためにはRPAというITツールの力が必要不可欠なものであることは間違いありません。

さらに、AIのテクノロジーの進化とともにRPAそのものの質がアップしてきたことも大きな要因に挙げられます。RPAという技術は2000年代に入ってから登場しましたが、当初は決して性能の高いものではありませんでした。しかし、近年では多くのユーザーにとって使いやすいユーザーインターフェースも搭載され、より多くのユーザーが使いやすいように改良されてきたこともRPAが広まった要因といえるでしょう。

RPAでできること・できないこと

RPAは業務効率化に欠かせないツールであることは分かりましたが、実際にどのような業務に応用できるのでしょうか。ここではRPAでできることと、できないことの一例をいくつかご紹介します。

RPAでできること

明確なルール化ができる業務

まずは、明確なルール化ができる業務であることです。Excelの特定のセルをコピーしてスプレッドシートに貼り付けたり、ブラウザから型番を検索して表示された価格を請求書のフォーマット内にある場所に貼り付けたりと、明確にマニュアル化できるような作業であることがひとつの条件として挙げられます。

定常的に行う業務

RPAは自らの判断で作業を開始することはできません。例えば、データのバックアップを取る場合、RPAにバックアップを取る時刻を指定しなければなりません。「この時刻になったら作業を開始する」という指示を与えることでトリガーとなり、作業を開始することができます。バックアップ以外にも、日報や週報データの作成などに利用することができます。

PC内で完結できる業務

RPAはPC内で動作するロボットのため、当然のことながらファイリングや書類整理といった業務を実行することはできません。ExcelやWord、PDF、CSVに代表されるようなデータ形式や、メールやブラウザに表示されたデータをもとに処理を行います。

RPAでできないこと

イレギュラーな判断が必要とされる業務

マニュアル化されていないイレギュラーな対応が必要となる業務はRPAで実行することはできません。たとえば、指定のセル以外の場所に文字列が記載されている場合や、検索しても出てこない型番が記載されている場合などが想定されるケースです。

紙ベースでの業務

先ほども簡単に紹介しましたが、紙に書かれた情報を読み取る作業はRPA単体では実行できません。手書きの申込書などをデータとして取り込み、別途OCRなどのツールを利用することで処理も可能になります。ただし手書き文字認識の精度は100%ではないため、最終的には人間の目によるチェックが必要です。

データ化されていないファイルを扱う業務

データ化されていないファイルとは、画像が添付された報告書などが代表的です。画像に写った内容から判断しなければならないファイルはデータとして判断できず、RPAでは処理が難しい業務です。ただし、AIの画像認識の精度が向上していくことで、RPAと組み合わせて業務に活用できるようになる可能性もあります。

RPAの一例

実際に提供されているRPAの一例をいくつか見ていきましょう。

BizRobo!

サーバーインストール型で複数のPCで利用できるBizRobo!Basic、クラウドで利用できるBizRobo!DX Cloud、コンピュータ1台ごとにインストールして利用できるBizRobo!miniなど、さまざまな提供形態があります。中規模以上の企業や組織向けのものから、小規模のパターンにおすすめのものまで幅広いことが特徴的です。

WinActor

WinActorは、2010年にNTTの研究所が開発したRPAです。多様な業界で800社以上の導入実績があり、コストが低いため中小企業にもおすすめです。PC1台からの利用が可能であるため、トライアルやスモールスタートとしてRPAを導入したい場合に最適。充実したサポートも魅力のひとつです。

Blue Prism

高セキュリティ、内部統制(コンプライアンス)への準拠がされていて、金融機関や医療機関といった安全性を重視する組織においても安全に利用することができます。また、本番環境以外は課金されず、開発・運用端末も課金対象外になる点は他社と異なる点です。

RPA導入に向けて

RPAは働き方改革に欠かせないツールのひとつです。特に、定型的・定常的な業務を多くの人員を割いて行っている企業の場合、RPAの導入によって目覚ましい効果が期待できるでしょう。まずは現在行っている自社の業務内容を整理したうえで、どのような業務にRPAが活用できるかを検討するところからはじめてみましょう。具体的にどのような業務にRPAが向いているのか分からない場合は、導入に向けて相談に乗ってくれる開発ベンダーも多いです。まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。


参考:

関連記事