DX人材を目指すうえで重要なリカレント教育とは?社会人におすすめのe-Learningシステムを紹介

DX人材を目指すうえで重要なリカレント教育とは?社会人におすすめのe-Learningシステムを紹介

業務可視化や生産性向上を成し遂げ、企業の競争力を維持するためにDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現が重要視されています。しかし、多くの企業においてDXに精通した人材は少ないのが現状であり、人材価値を向上させるためにもITスキルを学び直す「リカレント教育」が求められています。

そこで今回の記事では、DX人材として活躍していくためにどのような学習をすればよいのか、リカレント教育に有効な学習コンテンツについて紹介します。

急速にニーズが高まっているDX人材

日本企業の競争力を維持していくためには、DXによる業務効率化と生産性の向上が不可欠です。しかし、優秀なIT人材やDX人材はまだまだ少ない状況にあります。企業がDX化を実現しようと考えても、ITに精通したDX人材が自社に不足していると有効な対策を講じることができません。

また、DXの実現に向けては単にITスキルがあればよいというわけではなく、業務内容を正しく理解し、どのようなITツールやシステムが活用できるのかを判断する力や、組織およびプロジェクトチームを管理するマネジメント力も求められるのです。

このように、DX人材にはIT技術のスキルと、ビジネス・実務系のスキルが必須となります。

DX人材として活躍するために求められるリカレント教育

実務や組織マネジメントに関するスキルは、日々の業務のなかで身についていることも多いですが、ITの技術的なスキルは専門的な知識が求められます。そこで、ITスキルを身につけ、DX人材として活躍していくために「リカレント教育」が注目されています。

リカレント教育とは

リカレント教育とは、社会人になってからでも学習を継続しながら、仕事やキャリアアップに活かしていく取り組みのことを指します。「リカレント(recurrent)」は「反復」や「循環」という意味を表す言葉です。

特にIT業界は新たなテクノロジーが登場し、進化のスピードが速い傾向があります。大学や専門学校などで学んだことが生涯にわたって通用するとは限らず、学校を卒業してからも必要なタイミングで学び直したり、新たな知見を得るために学習に取り組んだりする必要があります。

リカレント教育を受ける方法

IT分野の教育の重要性は国も認識しており、義務教育課程においては1人1台のPCやタブレット端末と高速大容量の通信ネットワークを整備する「GIGAスクール構想」が計画されています。

一方、学校を卒業したあと、大人がITスキルを身につけるためにリカレント教育を受ける場として考えられるのは、大学や大学院への編入学や社会人特別選抜、通信教育などが挙げられます。

しかし、当然のことながらこれらの方法はすべての社会人が対象とはならず、入学のハードルも極めて高いものです。また、そもそも仕事と大学の勉強を両立して無事卒業できるとも限らず、途中で挫折してしまうケースも想定されます。

リカレント教育において重要なのは、日頃の業務を行いながらでも無理なく学び直しができることです。さらに、場所が都市部の大学や教育機関に限定されてしまうと、地方在住者はリカレント教育を受講できません。そのため、居住地を問わず誰もが参加できる場が理想的な環境といえるでしょう。

リカレント教育に有効なe-Learningシステム

仕事をしながらITスクールや大学、専門学校に通うのは現実的に考えて難しいものです。そこで、時間や場所にとらわれることなく学べる場としておすすめなのがe-Learningシステムです。

リカレント教育にe-Learningシステムが有効な理由とメリット

そもそもe-Learningシステムとは、大学やITスクールなどに足を運ぶことなく、PCやスマートフォン、タブレット端末でカリキュラムを受講できる仕組みのことです。

遠方に住んでいて通学受講が難しい人や、仕事が忙しく講義の時間に間に合わない人など、社会人がリカレント教育を受ける際に起こりがちな悩みを一気に解決してくれるシステムとしても期待されます。

e-Learningのなかには講義の様子をライブ配信するコンテンツもあり、その場で疑問点をオンライン上で質問することもできます。また、講義のなかで分かりにくかった部分や、聞き取りづらかった部分があっても繰り返し講義の様子を再生することも可能です。

リカレント教育にe-Learningシステムを導入する際のポイント

そもそもDXを加速させるためには、業務効率化を実現し生産性を向上させることが求められます。そのためには、現状の業務における問題点を整理すると同時に、可視化することが重要です。

しかし、業務効率化のためのシステム構築や要件定義の経験がない人にとって、何から手をつければよいのか分からないことも多いもの。単にe-LearningでITの技術的な知識を身につけるのではなく、その前の段階として業務における問題点の整理と可視化の方法を学ぶことが重要です。

e-Learningのなかには、DXに役立つ業務効率化のノウハウを学べるものもあるため、導入の際にはぜひ検討してみましょう。

業務可視化に役立つ「RoboRoid-HIT.s e-learning」

ホワイトカラーの業務効率化を推進する手段として、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が注目されています。これはPC上で動作するロボットに業務プロセスを学習させ、定型的かつ大量の業務を自動化するためのツールです。

しかし、RPAを業務に役立てるためには、ビジネスモデルや業務フローを可視化したうえで再構築することが求められます。例えば、現在行っている業務プロセスが属人化していると、外部から見たときにどのような作業を行っているのか把握することができません。また、業務プロセスのなかにイレギュラーな判断が求められる要素があると、RPAの自動化のプロセスに乗せられないかもしれません。

そこで、まず必要となるのが、業務プロセスを可視化するためにマニュアルを作成することです。そのうえで、現状の業務フローのなかで無駄がないかを把握する必要があります。

ただ、そうはいっても業務プロセスの構築に関わった経験のない人にとっては、何が無駄なのかを客観的に判断するのに時間を要するほか、どの部分をどのように改善すべきなのかが分からないケースもあるでしょう。

このような問題を解消するためにおすすめしたいのが、e-Learningコンテンツ「RoboRoid-HIT.s e-learning」です。

「RoboRoid-HIT.s e-learning」は、ワークスアイディが提供する業務フロー可視化ソリューションの「RoboRoid-HIT.s」に対応したもので、そもそもRPAとは何なのかを学習できるほか、業務可視化や改善提案のコツを学ぶことができます。もちろん、RPAシステム「RoboRoid-HIT.s」の詳細な仕様も把握でき、DXを実現するための実践力が身につきます。

RPAを活用してDX実現の準備を始めよう

RPAはホワイトカラーのDX実現に向けて有力なツールとして注目されています。しかし、単にRPAの仕組みや使い方が理解できたとしても、実務に応用していくスキルがないとDXは実現できません。

社会人に求められるリカレント教育を充実させるためにも、今回紹介した「RoboRoid-HIT.s e-learning」の活用を検討してみてはいかがでしょうか。


参考:

関連記事