働き方改革を進めるために欠かせないデジタルレイバー

最近では優秀なロボットの登場により、労働者としての人間の立場が脅かされているという論調があります。しかし、ロボットの強みや弱みを理解し、人間がロボットと協業していくのであれば、ロボットは人間にとって大変役に立つともいえます。このような状況の中で、注目を浴びるのがデジタルレイバー(仮想知的労働者)です。今回は、デジタルレイバーとはそもそも何か、どのように活用していけばよいのか、見ていきましょう。

デジタルレイバーとは何か

まず初めに、言葉の定義から確認していきましょう。デジタルレイバーとはどんな存在を指すのでしょうか。そしてデジタルレイバーを取り入れることで、職場にどのようなメリットが生まれるのでしょうか。

ソフトウェアロボットを労働力としてみなす

デジタルレイバーとは、RPAなどのような自動化ツールによってできたソフトウェアのロボットのことです。ホワイトカラーの労働者たちが行ってきたような事務作業、特に繰り返しの作業やミスの発生しやすい作業について、デジタルレイバーに任せることで、生産性の向上につながります。

労働人口の減少により注目されている

ではなぜ、デジタルレイバーの存在が注目されているのでしょうか。理由のひとつには、少子高齢化で労働人口が減少していることが挙げられます。外国人労働者の受け入れなど、さまざまな施策が展開されていますが、やはり急速な労働人口の減少は止められません。そこで注目されているのが、デジタルレイバーというわけです。

すでに製造業などではロボットが利用されている場面が多くありますが、さらに事務作業のようなホワイトカラーの業務にまで広げることで、労働人口減少に一役買うものとして期待されているのです。

働き方改革につながる

また、働き方改革の推進も背景にあります。働き方改革とは、ワークライフバランスを実現し、労働生産性を高めようとする取り組みです。デジタルレイバーは、人間の労働時間を減らし、人間が生産的な活動に従事できるようにと期待を寄せられています。単純な事務作業などにかかっていた時間を削減し、その分別の仕事に集中することができれば、長時間労働の抑制にもつながります。

デジタルレイバーを取り入れるメリットは?

デジタルレイバーは労働人口が減少し、働き方改革も求められる現在の社会において、役立つ存在であることがわかりました。では実際に、デジタルレイバーを導入することでどのようなメリットが得られるのでしょうか。人間を雇った場合と比較して考えてみましょう。

同じ作業を繰り返し行うことができる

デジタルレイバーはロボットであるため、決められた作業を繰り返し行うことができます。人間であれば、同じ作業を繰り返し行うと飽きてしまいますが、ロボットはそんなことはありません。また、人間は働き続けるために休憩や睡眠時間が必要なので1日に働くことができる時間が決まってしまいますが、ロボットには休み時間は必要ないのでいくらでも働き続けることができます。誰もがやりたがらない単純作業や、時間のかかる作業をデジタルレイバーに任せてしまうことで、人間の負担を軽減することができます。

ミスが低減される

デジタルレイバーは、決められたルール通りに作業を行います。よってミスが生じることがありません。人間の場合、いくつも作業をこなすうちにたびたびミスをしてしまうことがあります。それが直接お客様に関わる作業であれば、大問題になることもあります。ロボットはルール通りに作業するからこそ、顧客情報漏えいなどのような重大なインシデントのリスクを低減できます。

コストを抑えられる

人件費というのは会社のコストのなかでも大きな割合を占めるものです。これまで人間が担っていた作業のうち一部でもロボットに代替させ、その分の人件費を抑えることができればかなりのコスト削減になります。ソフトウェアを導入する段階では、必要なスキルをもった人が社内にいない場合は外注した方が全体のコスト感として適切なこともあります。初めは専門の会社に外注し、徐々にコスト削減の効果が見られてきた段階で、内製化の検討を進めることもできます。

デジタルレイバーを戦力として有効活用するためには?

デジタルレイバーを導入することで、単純作業をミスなく大量に任せることができ、さらにコスト面でもメリットがあることがわかりました。では実際にデジタルレイバーを導入する際、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。いくつかポイントを見ていきましょう。

部門内に留めず全体で導入する

ソフトウェアやロボットと聞くと、普段の業務内容や世代によっては敬遠されてしまうこともあるかもしれません。しかし、IT部門だけに閉じて導入していては、会社全体としての効果を得ることは難しくなります。IT部門だけが必要なシナリオを作成し実行していては、効率化の輪がスケールしていきません。さらに職場で動くシステムや業務は複数の部門にまたがって運用されているものも多くあります。よって、組織横断で必要性を見極め、妥当な方策でソフトウェアを導入することが成功のためには必要です。

業務の変更に対応しやすいようにする

デジタルレイバーはルール通りに仕事を進めることができる一方、ルールから外れた作業はできません。人間であれば違いを理解して適応することができる内容でも、デジタルレイバーにとってはボタンの位置が一つ変わっただけでも対処できなくなってしまうこともあります。

例えば社内システムの構成が定期的に変わる場合、ファイルシステムのフォルダ構成がルール設定時と変更された場合、それぞれデジタルレイバーが対応できるよう人間の手での修正が必要になります。よって当初の構成として、業務の変更に対応しやすい構成にしておくこと、また作成者だけでなく利用者のだれもがエラー発生時に対処できるようにしておくことが大切です。

デジタルレイバーをシステムではなく労働者として捉えること

システムは基本的に要件があり、それを100%満たすように作られるものです。しかしデジタルレイバーはそうした一般的なシステムとは少し異なります。ルールを入力してはいるものの、ルール通りにいかないこともあり、その際は人の手が介在することになってしまいます。

大切なのは、少々うまくいかないことがあっても、デジタルレイバーを育てる気持ちで向き合うことです。人間の場合でも、新しい社員は、初めからすべて完璧に仕事ができるわけではなく、慣れるまでに時間を要したり、得意なことと不得意なことがあったりします。そのとき、周りの人は慣れるまで待ったり、得意なことで活躍したりしてもらえるよう仕事の配分を工夫したりするでしょう。デジタルレイバーについても同じような姿勢で向き合うことで、より良い活用方法が見つかるはずです。

デジタルレイバーを積極的に活用しよう

デジタルレイバーは人間の存在を脅かす怖いものではなく、人間を助けてより便利にしてくれる存在であることがわかりました。働き方改革を推進するためにも、デジタルレイバーをうまく使って、効率よく業務を進めていきましょう。

 

参考:

関連記事