BizRobo!とは?導入方法や費用、活用方法まで詳しく解説

働き方改革の実現に向けて、多くの企業は業務効率化を図っています。業務効率化を達成するうえで大きなカギを握るのがITツールですが、なかでも近年特に注目を集めているのがRPAとよばれるツールです。一口にRPAといってもさまざまなプロダクトが存在しますが、今回はそのなかでも1,000社以上への導入実績を誇るBizRobo!について詳しくご紹介します。

BizRobo!とは?

BizRobo!とは、RPAテクノロジーズ株式会社が開発したRPA(Robotic Process Automation)の総称です。データ入力や帳票作成などの定型的なルーチンワークを実行可能なソフトウェア型ロボットで、2008年に商標が登録されて以降、パナソニックやリコーなどの大手企業に続々と採用され、現在では1,000社以上の企業に導入されています。

BizRobo!はメールソフトやワープロ、表計算ソフト、ブラウザ、自社のシステムなど、あらゆるアプリケーションを横断的に操作が可能であることが特徴として挙げられます。特別なプログラミング知識も必要なく、実務を担当する部署レベルでの導入が可能であることも、BizRobo!が広く普及した大きな要因といえるでしょう。

ちなみに、BizRobo!には「BizRobo!mini」や「BizRobo!DX Cloud」、「BizRobo! Tegaki」などさまざまなバージョンのものがありますが、今回はスタンダードな機能を搭載した「BizRobo! Basic」について紹介していきます。

BizRobo!が広まった背景と活用方法

BizRobo!が多くの企業に広まった背景としては、「働き方改革」と「BizRobo!導入時のサポート」という2つのポイントが考えられます。

近年盛んに叫ばれるようになった働き方改革を実現するためには、限られた人員と時間内で業務効率を上げなければなりません。それは人の手による作業効率アップだけで達成できるものではなく、ITツールの導入が必要不可欠。しかし、専用のアプリケーション開発には莫大なコストがかかり、導入までの期間も長くなります。そこで多くの企業はプログラミング技術が不要なRPAに着目し、より手軽に現在の業務を自動化しようと考えました。

RPAは業務を担当する部門が独自に導入できるツールということもあり、大規模な企業や組織はもちろん、中小企業や部署単位でRPAを導入する動きが広まってきました。なかでも2008年から提供が始まった「BizRobo!」はリコーをはじめとして多くの企業に採用されているという実績もあり、さまざまな業種で活用されるようになりました。

また、BizRobo!は単にRPAというシステムを提供するだけではなく、導入前のヒアリングから提案、体制づくり、導入後の全社展開までを含めたトータルでのサポートを実施しています。多くの企業や組織はRPAを初めて導入するため、どのような業務に活用できるのか、運用後の体制や全社展開の方法についてのノウハウがないケースがほとんどです。そこでBizRobo!を提供しているRPAテクノロジーズでは、単にシステムを販売するだけではなく、導入前と導入後のサポートも包括的に実施しています。

仮にBizRobo!だけで業務効率化が難しい場合でも、RPAテクノロジーズがAIを活用したさまざまなツールも含めて提案してくれることで、現在抱えている業務課題や業務負荷を極限まで削減することが可能となります。こうした導入企業に即したサポートが提供されていることもBizRobo!が採用を拡大した理由といえるでしょう。

BizRobo!の導入方法と費用

BizRobo!Basicは年間契約が条件となり、60万円/月から提供しています。BizRobo!用のサーバーにインストールしたうえで利用しますが、複数台のPCでも実行可能であることがサーバー型の最大の特徴。実際にBizRobo!を導入する際には、業務内容のヒアリングから細かな仕様を決めたうえで導入に至ります。

また、サーバー型は1台のPCごとにソフトウェアをインストールするものではなく、年額で700万円以上のコストが発生するため、中規模以上の企業や組織への導入に適しているといえるでしょう。

小規模な組織や企業、部門ごとにBizRobo!の導入を検討している場合にはPC1台からインストールして利用可能な「BizRobo!mini」がおすすめです。

BizRobo!Basicのメリット・デメリット

サーバーインストール型であるBizRobo!Basicを導入することで、どのようなメリットが考えられるでしょうか。今回はデメリットとして考えられることも同時に確認しておきましょう。

BizRobo!Basic導入のメリット

まずはBizRobo!Basicを導入した際に考えられるメリットからご紹介します。

●一度に複数台のPCで利用できる

サーバー型のBizRobo!Basicは複数台のPCで利用できるため、PCごとにソフトウェアのインストールを行う手間がありません。大規模なプロジェクトなどで膨大な事務作業を行っている場合には最適なシステムといえるでしょう。また、全社に導入することによって勤怠管理や経費精算システムに応用できるなど、雑務の効率化にも貢献します。

●利用するPCが多ければ多いほどコストパフォーマンスも高い

BizRobo!Basicをサーバーにインストールした後は、クライアントPC側でロボットを作成しロボットを実際に動かします。ライセンス契約によっても変わりますが、最小構成の場合はロボットを作成するクライアントは10台まで同時に接続でき、ロボットを動かすクライアントは上限がありません。そのため、利用するクライアントPCが多ければ多いほどPC1台あたりのコストは下がり、コストパフォーマンスが高くなります。

また、ひとつの仕事に特化したロボットでもないため、一度に複数のロボットを作成して複数の異なるタスクを実行させることも可能。全社に展開する場合にはBizRobo!Basicの最適な構成を検討したうえで導入できる強みがあります。

●サーバーインストール型のため、クライアントPCの性能やスペックに依存することがない

こちらもサーバー稼働型のメリットといえますが、クライアントPCに直接インストールするタイプではないためPCのスペックに依存することがありません。ロボットを動作させるだけであれば、普段利用しているPCでも十分対応できるため、BizRobo!Basicを導入したからといってPCを買い換える必要もなく最小限のコストで導入できます。

BizRobo!Basic導入のデメリット

次にBizRobo!Basic導入によって考えられるデメリットについても考えてみましょう。

●中小企業のように限られた人数で利用するにはコストが高い

BizRobo!Basicは、最小構成で導入したとしても年間で700万円以上のコストがかかってしまいます。そのため、中小企業や部署のなかで特定の業務だけをRPAで自動化したい場合には向いているとはいえません。ただし、はじめは特定業務だけを対象としていたとしても、その後全社導入に向けてさまざまな業務に活かす方法を検討することもできます。大規模な業務や全社導入を前提とし、スモールスタートの目的で導入するうえでは最適なシステムと考えることもできるでしょう。

●導入から運用まで時間を要する

BizRobo!Basic以外にも、さまざまなRPAが存在します。より手軽に導入できるRPAの中には、ソフトウェアをPCにインストールし即座に利用できるタイプのものも存在します。しかし、BizRobo!Basicの場合は導入までの間に業務内容のヒアリングや細かな仕様の決定などを擦り合わせる必要があります。パッケージソフトのようにPCへインストールして導入が完了する流れではないため、実際に運用可能になるまで時間を要することがデメリットといえそうです。しかし、初めてRPAを導入する場合、多くのユーザーはノウハウを持ち合わせていないため、時間を掛けてでも適切な運用のアドバイスが受けられることは決してデメリットばかりではないはずです。

働き方改革に欠かせないBizRobo!

BizRobo!は定型的でボリュームの大きい業務を行っている企業には、最適なRPAツールです。働き方改革が叫ばれる前からBizRobo!を提供していたRPAテクノロジーズだからこそ、導入・運用にも絶対的な安心感があるといえるでしょう。まずは自社の業務にRPAが活用できるか検討し、不明な点や相談してみたい内容があれば、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。


参考:

関連記事