ワークスアイディRPAエンジニアが「BizRobo! CAMP!! AWARD」「BizRobo! LAND Community 部門」にて受賞いたしました!

ワークスアイディRPAエンジニアが「BizRobo! CAMP!! AWARD」「BizRobo! LAND Community 部門」にて受賞いたしました!

当社BizRobo!エンジニアである、軍司芳比古(グンジヨシヒコ)はこの度、RPAテクノロジーズ社の主催する、「BizRobo! CAMP!! AWARD」において、「BizRobo! LAND Community 部門」にて受賞いたしました!

「BizRobo! CAMP!! AWARD」とは、『BizRobo!』を活用し先進的な取り組みを行っている方々、日々コミュニティで活躍して頂いている方々、『BizRobo!』の活用に熱心に取り組んで頂いている方々をアワードという形で表彰するイベントです。
詳細はこちら:https://rpa-technologies.com/lp/bizrobo-camp-award2021/

当社、軍司芳比古は、

 ・『BizRobo!』を活用し先進的な取り組みを実施
 ・日々コミュニティで活躍している(コミュニティ個人ランキング2年連続1位)
 ・『BizRobo!』の活用に熱心に取り組んで頂いている

以上の観点から、RPAテクノロジーズ社及び、コミュニティ利用ユーザーからの評価により、本賞を受賞いたしました。

ワークスアイディ株式会社は、本受賞を励みに、当社内技術力の更なる向上を目指し、お客様にとって役立つ技術ナレッジをご提供してまいります。

<受賞にあたっての軍司芳比古のコメント>
 それなりにロボット開発できる人は「どうせもともと理系出身でプログラミングができて、システム開発等の経験もあるのではないか」という風に思われるかもしれません。しかし、私自身はほとんどプログラミングの経験はありませんし、理系出身でもありません。私はもともとIT業界にはいましたが、システム運用等のどちらかというとインフラ側にいたため、JavaやPython等のプログラミング言語はほとんど使ったことがありませんでした。それでもこうして、表彰していただけるぐらいまでRPAを扱えるようになりましたので、皆さまも諦めずに取り組んでいただければと思います。
 特にIT未経験の方は、最初は大変苦労されると思います。日々の業務をこなすのも大変なのに、知らないIT用語もたくさん出てきます。IPアドレスってなに?ポート番号?何この英語のエラー内容?みたいなこともあると思います。ただ、最初は分からなかったことも段々分かるようになってきますし、あるとき、点と点でしかなかった知識が線で繋がるときが来ます。そうなるとスキルを身に付けること、使うことがもっと楽しくなると思います。そして、私もこれからより一層色々なスキルを身に付けたいと思っていますので、ぜひ一緒に頑張りましょう!


<BizRobo!ユーザー会とは?>
RPA推進、開発において様々な課題・障壁をコミュニティ(オンライン・オフライン)にて解決していくことを目的としたユーザー会です。
詳細はこちら:https://rpa-technologies.com/bizrobo-user-meeting/

<BizRobo! LAND Communityとは?>
BizRobo! LAND CommunityはBizRobo!ユーザーが、会社という枠を超えてコミュニケーションをとることができるSNSです。情報共有やお悩み相談など、ユーザー同士の交流・助け合いを通じて、BizRobo!の開発がますます楽しくなることを実現していきます。
詳細はこちら:https://rpa-technologies.com/bizrobo-land-community/

関連記事